2017年ライブ・エンタテインメント市場規模<確定値>

ライブ・エンタテインメント調査委員会

2017年(1月-12月)のライブ・エンタテインメント市場規模<確定値>がまとまりましたのでご報告いたします。

2017年のライブ・エンタテインメント市場規模は、統計を開始した2000年以降好で最高の5,151億円(前年比2.7%増)を記録しました。市場規模の増減は、アリーナ・スタジアムクラスの大規模公演の開催数に大きく影響されるため、2016年には大規模ライブ会場の改修が重なったことで5年ぶりのマイナス成長となりましたが、改修が終わった2017年はそれ以前の増加トレンドの延長線上で推移し、市場規模は過去最高を更新しました。公演回数は前年比1.9%減となりましたが、1公演当たり動員数が増加したことから動員数は前年比3.5%増となりました。

音楽市場について

2016年には、さいたまスーパーアリーナと横浜アリーナの2つのアリーナの大規模改修時期が重なったことで足踏み状態となりましたが、この一時的な特殊要因の剥落により2017年は復調し、前年比2.8%増の3,466億円と推計されます。

ステージ市場について

2017年のステージ市場規模は1,685億円(前年比2.6%増)と推計されます。ライブ会場不足により、会場収容人数1,000人以上というステージ分野においては比較的大規模な会場での公演回数が頭打ちとなっていることが響き、ステージ市場規模は多少の増減はあるもののほぼ横ばいとなっています。

【市場規模】「2016年ライブ会場不足問題」による足踏みから復調

ライブ・エンタテインメント白書に関するお問い合わせ

日本のライブ産業の統計調査

ライブ・エンタテインメント白書最新2018版

サマリーダウンロード・ご購入のお申し込みはこちら